2018-01-24

RSpecのfilter_run_when_matching

filter_run_when_matching – Filtering – RSpec Core – RSpec – Relish

spec_helper.rbのおすすめ設定例としてデフォルトでコメントアウトされている設定のうちの一つ。これまでターミナルで

  $ bin/rspec spec/models/foo_spec.rb:10

のように行番号を指定したりしてたけど、filter_run_when_matching :focusspec_helper.rbに書いておくと、fdescribefcontextのようにfocus指定を書いたexampleだけbin/rspecでテストが実行できるので便利ということにいまさら気づいた。難点っぽいのはfdescribeのように書いたあとに、fを消すのを忘れてgit commitすることが多々あるところぐらい。

と思ってちょっと調べたらrubocop-rspecにfocus指定が残ってないかチェックするルールがあったので、これを入れるとよさそう。

rubocop-rspec/focus.rb at master · backus/rubocop-rspec

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です