2018-01-31

組織パターン

「とりあえず今の積読を消化するぞ(なおGEBは除く)」という気持ちのもとに、いつぞやの翔泳社のセールで買ったものを読み始めている。

組織パターン チームの成長によりアジャイルソフトウェア開発の変革を促す(James O. Coplien Neil B. Harrison 和智右桂)|翔泳社の本

gemのメンテ

SchemaConformistをRailsアップグレードのときに依存性を壊さず使えるように、gemspecから(たぶんデフォルトでRails pluginを生成したときに入っていた?)railsのバージョン制約をとったり、committeeへの不要な依存を取り去ったりした。

Relax dependency constraints by kymmt90 · Pull Request #7 · kymmt90/schema_conformist

HatenablogとSchemaConformistのCIで使うRubyのバージョンを更新した。SchemaConformistではなんとなくCircleCIを使っていたが、Rubyの複数バージョンテストをやるなら、明らかにTravis CIのほうがやりやすいので、乗り換えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です